みなさまへのご挨拶

「老いても病んでも自分らしく過ごしたい」

在宅医療のニーズが急速に高まっています。より積極的により柔軟に一人ひとりの希望に応えていくため、私たちは2011年2月に福井県初の複数医師による24時間365日体制の在宅医療専門クリニックとして活動を始めました。

医療技術や機器の発達により在宅で出来ることの幅はひろがっています。私たちは在宅医療専門チームとして、多様化・重装備化する在宅医療のニーズに応えます。また、訪問看護師やケアマネジャーなど医療専門職をはじめ、教育現場や行政など多職種・異業種とも積極的に連携していきます。

在宅医療を充実させることの最終形は「街づくり」だと考えています。 今後も福井県全体の在宅医療の充実と地域ケア力の発展のために力を注いで参ります。

医療法人社団オレンジ 理事長 紅谷浩之
院長の宮武寛知(みやたけひろとも)です。
入職以来5年あまり、福井市を中心に年齢や症状を問わず、在宅での生活を望まれる方々をみさせていただいてきました。
院長として「あなたの“生きる”に寄り添う」というビジョンを掲げ、地域の皆さまが納得できる人生を歩めるよう、これからも対話を忘れずに変わらず地域のために貢献していきたいと思います。
 
新しい出会いと、そこにある暮らしに関われることを楽しみにしています。今後ともお付き合いのほどよろしくお願い致します。
オレンジホームケアクリニック 院長 宮武寛知